読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Awesome Hacks!

プログラミング初心者なので地道に勉強していきます。分からない人の立場から整理していきます。

Excel_COUNTIF(カウント、カウントアップ)

条件に合うセルの数を数える

・数値

=COUNTIF(C3:C11,100)


・文字列

=COUNTIF(C3:C11,100)


・条件

=COUNTIF(C3:C11,100)

カウントアップした値を取得(採番するときなど

①該当行にフラグを立てておく(該当行のキーを右端のセルに抜き出し、該当しない行は空白にしておいて、空白でないことをフラグとしてもよい)
②カウントアップした値を振る列の一番上の空白行に0をセットしておいて、フラグの列の一番上から自分の行までのフラグの数をCOUNTIFでカウントした値を表示させる

=COUNTIF(C$1:C11,1)


「カウントアップ(採番)する列をC列とし、フラグを"1"とした時に、11行目までの1の数を返す。」
例えば対象とする表が11行目以降に記述されているなら、上の式を11行目に書いて、ドラッグして引っ張りコピーすれば各行にカウントアップ(採番)された値が表示される。